Breaking News:

90sヴィジュアル系ロックとアイドルが融合! 新世代アイドルグループ「GE’LMINATii」がデビュー!
【NEWS】ν[NEU]、2024年10月5日(土)に渋谷REXで何かが起きる…!?最後まで何が起こるかわからないν[NEU]の最終公演2025年1月4日、渋谷公会堂(LINE CUBE SHIBUYA)『エンドロール 〜誰よりも大切な君へ〜』のチケット先行が受付開始!!
スターキャットケーブルTV番組「〜V援隊〜V系の幕開けぜよ!! supported by Vijuttoke」24年7月26日放送は、6月22日に開催されたV援隊 pre.「シャラクの名古屋飯が好きだもんで!ライブ!」の公開収録の模様と、イベントの模様を放送!
The THIRTEEN 8Anniversary Event 第三弾開催!!
シド 、ホールツアーのタイトルが決定!テーマは「白」と「黒」。
キズ、代々木競技場での単独公演『星を踠く天邪鬼』LIVE DVDのリリースが決定
2024年9月23日に開催されるVijuttoke主催「Vijuttoke!!Festtoke!!2023」の前夜祭、後夜祭を名古屋MUSIC FARMにて開催決定! 「Vijuttoke!!Festtoke!!2024」のチケット持参で入場無料!
結成20周年を迎えるゴールデンボンバー 過去ライブ映像作品を各配信プラットフォームにて解禁!
FES☆TIVE リリース日に池袋サンシャインシティ噴水広場で発売記念イベントを開催!新曲「がーりっちゅ」MVも公開&初のオリコンデイリーランキング1位獲得!
fuzzy knot、8月12日に新デジタルシングル「Imperfect」リリース決定
IDOL TOPICS

蒼音舞(燃えこれ学園)の揺るぐことのない決意を示した「蒼音舞生誕祭」。

Off

 燃えこれ学園が毎月、有観客とライブ配信で行っている「定期公演」。6月4日(火)、初台DOORSで「蒼音舞生誕祭」が行われた。この日は、6月25日(火)に初台DOORSでの卒業公演が決まった高未悠加は、怪我の療養のためにリモートで参加していたことも先に伝えておきたい。

  蒼音舞みずから構成した生誕祭、最初に、日々の自宅トレーニングに励む蒼音舞自身の姿を映した映像を投影。万年ダイエッターの蒼音舞らしい始まり方だ。最後に映し出された「あおザップ始動~体力枯渇計画~」の文字が気になる。

  ライブは、燃えこれジャージを着たメンバーたちが『すき!すき!好き!!』を歌ってスタート。 舞台の上では、いつものように笑顔を交わし、わちゃわちゃとはしゃぎながら歌い踊るメンバーたちがいた。でも、気になるのがジャージ姿でのパフォーマンス。その理由は、続いて歌った『夏恋♡LOVE』で、判明。メンバーらが舞台の上で、いつも以上に運動量多く舞台の上を走りまわり、振りを大きくパフォーマンス。その姿を見て、納得。この日は、1曲1曲の運動量を高め、有酸素運動にも繋がるライブを見せていた。途中、熊野はるが力士の格好をして登場するなど、メンバーたちも大忙しだ。

  次々と、運動量の多い華やかな楽曲が飛び出す。『ミラクる☆妄想がーる』でも、エクササイズを取り込んでパフォーマンス。さらに、広報委員(ファン)たちを、有酸素運動をしながら煽る姿まで見せてゆく。この日は蒼音舞生誕祭ということもあって、それぞれの楽曲の中の見どころとなる部分を蒼音舞自身が歌う面も時折見せていた。

  ここまででも、メンバーらはずーっとテンション高いパフォーマンスを見せていたが、さらに運動量を増すように、パワフルな歌声とダンスで攻めるアップチューンの『戦々恐々ElDorad』を熱唱。この時点で、20分以上ノンストップの有酸素運動パフォーマンスを彼女たちは行っていた。その後のMCでは、ハーハーゼーゼーと息を吐いているメンバーもいたほどだ。

 次のブロックも激しく…と思いきや、彼女たちが歌いだしたのがバラードの『オルゴール』。メンバー一人一人が、歌詞に込めた思いを噛みしめるように歌う姿も印象的だ。広報委員たちも、一人一人の胸声に耳と心を傾け、歌声に込めた思いをしっかりと受け止めていた。

  続いて歌ったのが、『恋時雨』。このブロックで蒼音舞は、愛しい人へ思いを馳せる曲たちを並べてきた。徹底して体力燃焼のライブを描きだすのかと思っていたところへ、胸の内を切なさで燃やす曲たちを並べてきたところも、「蒼音舞生誕祭」のポイント。ただし『恋時雨』も、次に歌った妖艶さも魅力にした『夢幻華』も、激しいロックな曲調。ロック好きの蒼音舞らしく、このブロックでもしっかり燃焼系のパフォーマンスを作りあげていた。

 先輩たちみずから体力の限界へ挑む姿を,後輩や広報委員へ身体を張って示そうと、力強く拳を振り上げ、ときに声を荒らげて広報委員たちを煽りながら、先輩’s(熊野はる・佐々木千咲子・成田麻穂・蒼音舞・仲川つむぎ)が配信リリースしたばかりの『Melodious Revolution』を熱唱。気迫みなぎる姿は、見ている側の気持ちを熱く掻き立てる迫力と存在感を放っていた。

  ここで、曲に乗せて舞台へ駆けだした山田みつきが「佐々木先輩誕生日おめでとう」とやらかし、楽曲を中断。改めて「蒼音先輩誕生日おめでとう」と山田みつきが声を上げ、後輩’sが舞台へ駆け寄った。みんなで歌ったのが『恋の魔法』。大事な場面でやらかしてしまうところに山田みつきの憎めなさも感じつつ、彼女たちは『恋の魔法』を歌いながら、フロアや配信を通して見ている人たちに、ときめきの魔法をしっかりとかけていった。

 MCでは、山田みつきが失態を弁明。それさえも笑顔に変えてゆくところが、仲の良い燃えこれ学園らしさ。ちなみに蒼音舞は、山田みつきの失態を豪快に笑い飛ばしていた。

  MCでは、蒼音舞の「第一印象」について語りだす。新入生候補生の西崎琴音は「困っているときに声をかけてくれるし、ダンスもサッと教えてくれる優しい先輩」と。新入生の青山明日香は「最初は明るい印象だったけど、煽りが格好よくて、めっちゃ格好いい印象に変わった」と語っていた。山田みつきは、よく蒼音舞に膝枕をしてもらっているそうだ。

 ここからは、蒼音舞の生誕祭コーナーへ。紫の光に包まれた中へ、黒いドレス姿に着替えた蒼音舞が登場。彼女は『Real Cry』をアカペラで歌いだした。パワフルさの中にも温かさを覚える歌声だ。言葉のひと言ひと言から、彼女の気持ちの揺れ動く様か伝わる。パワフルだけではない、とても感情表現豊かな歌い手であることを、蒼音舞はソロ曲の『Real Cry』を通して伝えてきた。落ちサビで、紫のペンライトの輝きが蒼音舞に向かって捧げられていた様も、とても綺麗だった。

 ここで、蒼音舞が手紙を読み出した。

 「わたしは、この燃えこれ学園という場所が大好きで、広報委員のみんなが大好きで、あおねぐみが大好きです。とても大切で、かけがえのない宝物だと思っています。ありがたいことに、毎年こうやってお祝いをしていただけることが本当に嬉しいです。

  わたしは、燃えこれ学園に入るより前に、いじめにあっていた影響で、自分に自信を失くし、心を閉ざしていました。そんなわたしと、理事長、はるさん、ちっさ、なりーちゃんはたくさん向き合ってくれて、居場所を作ってくれました。本当に感謝しています。そして、後輩のつむちゃん、ちー、のあ、悠加、みつき、明日香がいてくれて、本当にお世話になってます。こんな先輩ですが、いつも一緒にいてくれてありがとうございます。

  改めてになるんですけど、わたしは燃えこれ学園が大好きです。このグループの一員でいたいです。だからわたしは、燃えこれ学園をたくさん愛してもらえるように、ここからも精一杯頑張ります」

  後半は、「君と描いてく夢色ストーリー」と歌いだす『procyon』から。蒼音舞は後半のブロックに、どんな苦難が待ち受けていようと、仲間たちと一緒に約束の場所へ辿りつくまで前を向いて歩み続ける。そんな思いを記した『procyon』と『Re-START』を並べてきた。夢に向かって歩み続ける中、燃えこれ学園はいろんな壁へ突き当たるたび、その壁を必死に壊しながら11年間歩み続けてきた。蒼音舞は燃えこれ学園の初期メンバーとして、グループの歩みをずっと支え続けてきた。もちろん、これからも掲げた夢をつかむまで。いや、一つの夢をつかんでも、また新たな夢を掲げ、燃えこれ学園のメンバーとして歩み続ける意志を持っている。だから、この2曲を続けて歌う姿から、改めて蒼音舞の揺らぐことのない決意を感じていた。

 さらに、彼女たちは『ずっと』を歌いながら、応援してくれる仲間たちに出会えたことへの感謝の気持ちを伝えてきた。「一人じゃない」と歌う『ずっと』を含めた3曲の流れを通して蒼音舞は、支えてくれる仲間(メンバーやチーム、広報委員)たちへ決意と感謝を歌の手紙にして届けていた。メンバー同士が顔を見合わせて歌う姿を見ていたら、何時しかみんなの顔が滲んでいた。

  最後は、蒼音舞の誕生日をみんなで祝おうと『お誕生日おめでとう』を歌唱。メンバーたちが無邪気な笑顔で主役を祝福してゆく様を見るたびに、ほっこりとした温かい気持ちになる。途中には、蒼音舞と仲川つむぎが一緒に「パワー!!」と叫ぶ場面も登場。一人一人が主役の側へ寄り添い、笑顔でじゃれあう姿を見るたびに、見ている側まで嬉しくなる。後半には、蒼音舞とメンバーたちがマッスルポーズを決めながら歌う場面も登場。最後に「ムキ!ムキ!」とポーズを決めてシメるところも、蒼音舞の生誕祭らしい。

 歌いおわり、「どーも、佐々木で~す」と蒼音舞が挨拶するところも、笑いの耐えない蒼音舞の生誕祭らしい様だったことも伝えておきたい。

 終わりに、『校歌』を斉唱。次回は、6月25日(火)に初台DOORSで「高未悠加卒業&ココハピレコ発!&新曲発表予定!!」が行われる。高未悠加の燃えこれ学園からの旅立ちの姿を、ぜひ目に焼き付けてほしい。

PHOTO:平島理

TEXT:長澤智典


【定期公演(配信もあり)スケジュール】

6月25日(火)「高未悠加卒業&ココハピレコ発!&新曲発表予定!!」(初台DOORS)

https://tiget.net/events/322963

7月2日(火)「稲森のあ生誕祭」(初台DOORS)

7月9日(火)「定期主催」新宿アルタKeyStudio

その他のライブについてはこちらをご覧下さい。

6月 

https://ameblo.jp/moecoregakuen/entry-12853230443.html

2025年4月15日(火)にZepp Shinjukuで主催公演「燃えこれ学園 超文化祭!~一緒にZeppでLiveしよう~」開催!!


新宿アルタKeyStudioで「毎月主催公演」決定!!

7月9日(火)・8月13日(火)・9月10日(火)・10月15日(火)・11月12日(火)


サブスク情報

先輩’s『Melodious Revolution』

後輩’s『sweet darlin』

サブスク配信スタート‼


CD情報

single「procyon」1000円

*限定全員サイン入り、限定個人ジャケットあり!

数量限定ダウンロードカード『procyon』Mカード1500円

『Re-START』 1000円

*2000人の方へ「Re-START」CDお届け企画達成!

「Re-START」MV
https://youtu.be/RTDefcIO4R4

New!ソロSingle 1000円

「Happy♡Merry-go-round」(成田麻穂)

「Starry Sign」(佐々木千咲子)

「みらくる☆まじかる☆わんだーらんど」(高未悠加) 

各種CDは、購買部よりお買い求め下さい。

https://movingexpress.syncsell.jp


TV/RADIO情報

・毎週火曜日 25:00〜放送中!


『燃えこれ学園成田麻穂のなりラジ』

放送局:FM那覇(78.0Mhz)

パーソナリティ:成田麻穂

※ラジオはアプリListenRadio等で、全国でもお聴きいただけます!

・毎月第3日曜日 20:00〜放送中!


『きらすま☆plus』

放送局:敦賀FM(77.9Mhz)

*ちーちゃん☆のありぃのあなたにYELLを

パーソナリティ: 三浦千鶴・稲森のあ

*ちっさ、つむつむの懐メロ想い出がいっぱい

パーソナリティ: 佐々木千咲子・仲川つむぎ

※ラジオはアプリListenRadio等で、全国でもお聴きいただけます!!


Moecoregakuen Tik Tok

燃えこれ学園【公式】毎日20時投稿!

https://www.tiktok.com/@moecoregakuen

燃えこれ学園 Web

http://moecore.com/

燃えこれ学園 X(twitter)
https://twitter.com/moecoregakuen

燃えこれ学園 BLOG

https://ameblo.jp/moecoregakuen/

燃えこれ学園 YouTubeチャンネル

https://www.youtube.com/user/moecoregakuen

燃えこれ学園さぶちゃんねる

https://www.youtube.com/channel/UCZnN9L9Apmp3I8M6VdibpQQ


セットリスト

OP映像

あおザップ動画

『すき!すき!好き!!』

『夏恋♡LOVE』

『ミラクる☆妄想がーる』

『戦々恐々ElDorad』

MC

『オルゴール』

『恋時雨』

『夢幻華』 

『Melodious Revolution』(先輩’s=熊野はる・佐々木千咲子・成田麻穂・蒼音舞・仲川つむぎ)

『恋の魔法』

MC

『Real Cry』(蒼音舞)

蒼音MC 

『procyon』

『Re-START』

『ずっと』

『お誕生日おめでとう』

MC

『校歌』

Related Posts

TWITTER