Breaking News:

「ヴィジュアル系主義」フェス ~アリス九號./Versailles/己龍/PENICILLIN/SHIN~ 8月21日(日)午後5:30より、3時間にわたりWOWOWで放送・配信! 「紅蓮華」「未来航路」のセッションもオンエア。 メンバーコメント入りライブダイジェスト映像を公開!
スターキャットケーブルTV番組「〜V援隊〜V系の幕開けぜよ!! supported by Vijuttoke」 22年8月26日放送ゲストは「DASEIN」に決定 !コーナー「アルルカンとこれからの名古屋のV系について語り合ってみた!(前編)」も2週にわたって放送!
DEZERT、3daysのコンセプトライヴ「Study」 2日目ライヴレポ
「CRUSH OF MODE-ENDLESS SUMMER’22-」のタイムテーブルを発表!!
CUBΣLICが4 thワンマン公演で見せたのは、視覚・聴覚・感覚を刺激したサイバーなエモワールド!!! お望みは全て揃う自慢の商品(楽曲)を並べ、興奮や満足というプライスレスな喜びと幸せを届けてくれた。
美脚アイドル「LOVE IZ DOLL」の本領発揮!! クルーズライブのフルMVも解禁!!      
琵琶湖の環境保全を掲げた滋賀県下最大の音楽イベント「イナズマロック フェス 2022」雷神ステージ最終出演アーティスト発表!
「DEZERT×夕闇に誘いし漆黒の天使達」、「DEZERT×Royz」2マンライヴ2公演の開催が決定!
【アンフィル 】翔梧 Birthday Premium Acoustic Live開催決定!
圭、今週、自身の誕生日に最終公演開催。Mr.フルムーンがこの日を特別な夜に!?
visual TOPICS

The Benjamin 2022年7月16日 池袋EDGE ONEMAN『Bridge of New Rainbow』ライブレポート。新ツアーのチケットは本日発売!

Off

—-The Benjamin 2022年7月16日 池袋EDGE ONEMAN『Bridge of New Rainbow』ライブレポート

雨が降っている。
地下のライヴハウスの中で、そう感じていた。7月16日、池袋EDGEで行われたThe Benjaminのワンマンライヴ『Bridge of New Rainbow』の最中である。いったいどんなライヴが繰り広げられたのだろう。

オープニングから雨音が聞こえていた。手拍子を打ちながらTackyが、愛嬌を振りまきながらMashoeが、そして最後に気合いをみなぎらせてMineyが登場する。この夜、最初の曲に選ばれたのは「Babel」。神の怒りに触れたバベルの塔の崩壊を重々しく、ドラマチックに描き出す。

個人的な見解だが、The Benjaminというバンドの印象はあくまで“ハッピー”だと思っている。それは、楽しければいいとか薄っぺらいポジティブシンキングとかではなく、人生の厳しさも苦さも受け入れたうえで、それでも前を向いて生きようとする強い明るさだ。

そんな彼らが、今年3月に発売したシングル『Bark in the Garden』では、怒りやイラ立ちを爆発させた。ヴィジュアル面でもダークな雰囲気に大きくイメージチェンジした。そこには、コロナ禍においてこれまでのようなバンド活動ができない時間が続いたという背景があり、溜め込んだ鬱屈した感情が表に出たと解釈している。そんな現在の彼ららしい幕開けとなった。

偶然にもこの日の天候は、雨。「雨、降ってたね」というMineyの言葉からMCが始まり、「Blossom of Casablanca」へ。大人っぽい雰囲気をたっぷりまき散らして、「ブロックショット」へと続く。The Benjaminはギターが二人、ベースが一人のスリーピースで、曲によってメインヴォーカルを交代するイレギュラーな編成だ。「ブロックショット」はベースのMashoeが、次の「バズーカをぶっ放せ」はギターのTackyがその歌声を聴かせる。温かみのあるふくよかな歌声のMashoeにミドルテンポのこの曲がよく似合い、Tackyが歌うと荒々しさを生真面目に表現しようとする一生懸命さが魅力的に映る。センターに構えるMineyの幅広い表現力と存在感からは目が離せない。

丁寧にまっすぐにMashoeが届けた「バリケード」、一転ノリノリで会場を踊らせたMineyが歌う「Bumble Bee」。メインヴォーカルが変わることも相まって、The Benjaminの音楽が持つ色とりどりの魅力を堪能したところで、再びMCが始まった。「そろそろ雨の音が…」という言葉から続いたのは、「[Bit:]雨に接続された世界」。これは、彼ら3人が以前一緒に活動していたバンド・ビリーの曲。

雨音に雷鳴が重なり、「バケツ」「ベルガモット」と続けば、やり切れない切ない感情が会場にひたひたと広がっていく。そこへ、バラードの「バウムクーヘン」が始まる。本来は、雪の日に暖かい部屋でバウムクーヘンを食べようという歌なのだが、この日はあえて“雨が降る”と歌ったMiney。バウムクーヘンの甘さに優しく励まされるような温かい歌だった。

終盤戦に入ったところで特に印象に残ったのは、「Bark in the Garden」だ。発売時には、彼ら自身がその変化に着いて行き切れてない感があったが、ライヴを重ねるに連れ、確実に自分たちのものにし、思い切りよくプレイを楽しんでいるのが見てとれた。ライヴで曲は成長するというが、まさにそのとおりの変貌だ。

曲間の雨音は続くが、次は「Bridge of Rainbow」。“雨はやがて虹へと変わる”という歌詞のとおり、曲が進むに連れ雨は止み、虹色に輝く照明とともに会場に光が差す。まるで雨の途に虹がかかるように。そこに始まったのは「SORA-Boeing229-」。“雨はSORAが泣いてるんじゃな 不純なモノ流してくれてるんだ”と歌い上げるMashoe。広がる青空が目に浮かぶような、青空を見上げたときの気持ちよさが胸によぎるような、そんな心地よさだった。

本編最後は、「ブーツを脱いで」。タイトルの“ブーツ”は、シーズンが過ぎているのに何となく履いてしまったもの。それを脱いで裸足になった主人公は、“飛び越えたはずの水たまりに着水”する。水たまりから飛び散るキラキラした水しぶきが目に浮かぶような清々しさが、雨の降り続いたライヴの最後を彩った。

アンコールでは、9月7日発売の3枚目のアルバム『BELIEVE』から、タイトル曲「BELIEVE」を初披露。感情をまっすぐに吐露するような、どこまでも正直な彼ららしい曲だ。込められた熱いメッセージも、情熱を持って音楽に向き合う彼ららしい。アルバム発売、そして全国ツアーの告知が続き、会場がおおいに沸く。

コロナ禍で、たくさんのロックバンドは試行錯誤を繰り返してきた。その中で、曲を作ることや過去の曲をリアレンジすること(8曲目に披露した「[Bit:]雨に接続された世界」はまさにそうだ)、配信で演奏を聴かせること(毎週金曜日の無料配信を継続中)など、音楽を作ることにこだわり続けた彼らだけに、ニューアルバムの発売と全国ツアー決定に大きな拍手を贈りたい。ツアーファイナルとなる、10月16日の渋谷PLEASURE PLEASUREでは、どんな彼らの姿を、どんな世界を見せてくれるだろうか。今から楽しみでならない。

文・村山 幸


The Benjamin
2022年7月16日
池袋EDGE
ONEMAN『Bridge of New Rainbow』

セットリスト
1.Babel
2.ベンガルタイガー
3.Blossom of Casablanca
4.ブロックショット
5.バズーカをぶっ放せ
6.バリケード
7.BumbleBee
8.[Bit;]雨に接続された世界
9.バケツ
10.ベルガモット
11.バウムクーヘン
12.ビックリ箱
13.BATTLE FEVER
14.Bark in the Garden
15.Bridge of Rainbow
16.SORA-Boeing229-
17.ブーツを脱いで
en.
18.ビーチパラソル
19.BELIEVE
20.バーバラ


■リリース情報■

タイトル:「BELIEVE」
アーティスト:The Benjamin
発売日:2022年9月7日
品番: BDBX-0090
価格: 3,500円(税込) 税抜価格:3,181円

★リリース中★
タイトル:「Bridge of Rainbow」
品番:BDBX:0088
作詞作曲:ミネムラ“Miney”アキノリ
形態:デジタルシングル

各サブスクにて配信
https://inpartmaint.lnk.to/IztGEk

MVフル
https://youtu.be/dQxxkix6CFc


■公演詳細■

The Benjamin ONEMAN TOUR 2022
「BELIEVE」

2022年9月10日(土)
大阪Rumio
〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満6-2-14マッセ梅田ビル2号館B1-5
開場 18:00/開演 18:30

2022年9月11日(日)
名古屋Heartland
〒460-0007 名古屋市中区新栄2-1-9雲竜フレックスビル西館B1F
開場 16:30/開演 17:00

2022年9月18日(日)
宇都宮HELLODOLLY
〒320-0035 栃木県宇都宮市伝馬町3−24
開場 16:30/開演 17:00

2022年10月02日(日)
長野LIVE HOUSE J
〒380-0822 長野県長野市南千歳町826 MyTownC−one
開場 16:30/開演 17:00

2022年10月16日(日)
渋谷PLEASURE PLEASURE
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2丁目29−5 渋谷プライム 6F
開場 16:30/開演 17:00
座席:全指定席

※開演開場時間の変更に関するチケットの払い戻しはございませんので予めご了承ください。

料金(各公演):
ビギナーズ前売券 500円
当日 ¥1,000円
*1DRINK別途

●ビギナーズ前売りA(会場手売り)
発売日:2022年8月8日(月)より
チケットNo.A001-(10/16公演のみ座席指定番号)

※特製ピクチャーチケット

●ビギナーズ前売りB(TICKET PAY)
一般発売日 :2022年8月6日(土) 10:00-
入場券:TICKET PAY
チケットNo.B001-(10/16公演のみ座席指定番号)

入場順:番号順:S→A/B並列→当日券(C)
(10/16公演のみ座席指定番号)

購入URL:
9/10 大阪Rumio
https://www.ticketpay.jp/booking/?event_id=39575
名古屋Heartland
https://www.ticketpay.jp/booking/?event_id=39576
宇都宮HELLODOLLY
https://www.ticketpay.jp/booking/?event_id=39577
長野LIVE HOUSE J
https://www.ticketpay.jp/booking/?event_id=39578
渋谷PleasurePleasure
https://www.ticketpay.jp/booking/?event_id=39579

主催/企画/制作:BadeggBox(10/16のみ制作:チッタワークス)
問い合わせ:会場


■動画■

New Single 「Bridge of Rainbow」MVフル
https://youtu.be/dQxxkix6CFc

7th Single 「Bark in the Garden」MVフル
https://youtu.be/Kyv8Vnu9Tsg

「Bark in the New Garden」
2022.05.07 HARAJUKU RENON ダイジェスト映像
https://youtu.be/UxacNV93YDM


■The Benjamin オフィシャルweb■
http://thebenjamin.jp

Related Posts