未分類

Re:INCARNATIONが、主催イベントで見せた、迷いを自信に変えた力強い姿。

Off
Reinca_2021_ver1_2

今年1月23日より新新体制のもとスタートを切ったRe:INCARNATION。2月28日(日)、彼女たちは池袋BlackHoleを舞台に初となる主催公演「NEXT Girl’s-ONE!」を行なった。チケットはSold Outを記録。ゲストに、CANDY GO! GO!・SHOCKiNG EGO・POPPiNG EMOが登場。この日、Re:INCARNATIONは新曲も披露してくれた。トリを飾ったRe:INCARNATIONの当日のライブ模様を、ここにお伝えしたい。

 

  会場の中へ明るく爽やかな風を吹き込むように、Re:INCARNATIONのライブは「Memories」から幕を開けた、苦難や葛藤などさまざまな経験を乗り越え、ここからふたたび光輝く日々を作ろうと前を向く思いを記したこの曲は、過去にアイドル経験を重ねたメンバーや、違う舞台からアイドルの世界へ飛びこんだメンバーたちの気持ちに強く重なる歌。何度も歌い続けてきたように、彼女たちは「Memories」を自分たちの心の声として昇華していた。歌詞に込めた、過去を踏み越え未来をつかもうとする言葉たちは、ここから色鮮やかな明日へ進もうとしている今の彼女たちの気持ちだけではなく、生まれ変わりたい人たちの心にも勇気を注ぎ込むとして響いていた。

 「どんなことがあろうと、何度でも生まれ変わり前へ進んでゆく」。Re:INCARNATIONのテーマであり、メンバーらの意志を詰め込んだのが、グループ名を冠した「REINCARNATION」。力強く駆けだすエモーショナルでパンキッシュな楽曲の上で、5人は胸に秘めた想いを、この歌でも力強くぶつけていた。伸ばした指先からは、彼女たちの「ここから時代を変えてやる」という決意が伝わってきた。正式始動からまだ1ヶ月強。でも、そのパフォーマンスからはすでに迷いは消えている。一つ一つの楽曲を自分たちの意志に、血肉に変えながら、5人は自信を胸に想いをぶつけていた。激しく唸る楽曲に乗せ雄々しいパフォーマンスを見せる彼女たち。まだまだ未完成ながら、迷いを振り切ったライブを示すことが彼女たち自身に輝きを与えていた。

 

  凛々しいステージとは裏腹に、緩いMCなのもRe:INCARNATIONらしさ?中には、こんぽん夏穂のようにやたらテンションの高いメンバーもいるが、その凸凹なところが今のRe:INCARNATIONの魅力にもなっている。

 

 次に披露したのが、のあ。が作詞をした新曲の「Twinkle GIRL」。これは、新メンバー4人のキャラクターをモチーフにした楽曲。その人の性格に合わせた歌詞を各メンバーが歌っているのもポイントだ。

 「Twinkle GIRL」は、明るく弾むとてもキャッチーでポップ&チャーミングな曲。歪む音を軸に据えた激しさや躍動感など、Re:INCARNATIONらしいロックなスタイルも反映しているが、全体的にエモくて明るい曲調のように、その場を華やかに染めるのにピッタリだ。「覚悟をきめた女は強いの」と歌うのあ。結成以来Re:INCARNATIONを支え続けてきた彼女らしい言葉だ。他にも、メンバーの心模様とリンクした歌詞がいろいろ飛びだすように、歌う人と歌詞を重ね合わせ、この歌を楽しんでもらいたい。華やいだ曲のように、この歌が、これからのRe:INCARNATIONのライブに明るさや前向きな色を加えてくれそうだ。一緒に振りや手拍子をしていける曲なのも嬉しい。

  気持ちのアクセルを踏み込むように届けたのが、メンバーと一緒に振り真似ながら一体感を作り出す「JUST A HERO!!」。メンバーらが次々とラップのように言葉を繰り出せば、サビ歌では気持ちを全開に解き放ち、わちゃわちゃとはしゃぐ開放的な姿も見せてゆく。天真爛漫なメンバーも多いように、今のRe:INCARNATIONのキャラクターに似合う明るく開放的な楽曲だ。「Twinkle GIRL」と「JUST A HERO!!」、そして「Memories」のような、気持ちをアゲてゆくエモーショナルなロックスタイルへ比重を傾けている姿勢が、以前の闇要素の強かった頃との違い。メンバーらが頭上高く伸ばした手と想いを重ねるように,フロア中でも数多くの伸ばした手が揺れていた光景も忘れられない。

 

 「これからも自分を、仲間を、みなさんを信じて頑張っていきたいと思います」(島崎 棗)。最後に5人は「信じてる-keep on going-」を届けてくれた。この曲も、グループが誕生して以来ズッと、Re:INCARNATIONのライブに一体化した風景を作りあげてきた楽曲だ。「ここはゴールなんかじゃない 始まりなんだよね」と歌うこの曲にも、どんな苦境に立たされようと何度でも立ち上がり続けるRe:INCARNATIONの姿勢が映し出されている。フロアでもたくさんの人たちが、メンバーの振りに合わせ同じ動きをしながら、5人と想いを重ね合わせていた。「何度だって苦難や困難を乗り越えながら、大切な仲間たちと一緒に輝く未来をつかみとる」と、彼女たちは「信じてる-keep on going-」を歌いながら誓っていた。その誓いに共鳴した人たちがこの日の会場を埋めつくせば、Re:INCARNATIONの強い意志に賛同した人たちが、これから仲間として加わっていくはずだ。輝くと信じている未来へ向かう道のりの中での一つの姿を、彼女たちは笑顔に満ちたライブを通して示してくれた。

 

まったく迷いがないとは言わない。でも、たった1ヶ月強の中、早い速度で不安が自信に変わっている姿を見たときに、半年後にはどんな輝きを放つ存在になっているのか楽しみになっていた。一つ願うなら、今の5人で長く続けてほしいということ。それを僕らは信じているし、願っている。

 

TEXT:長澤智典

 

★インフォメーション★

 

「Memories」/ Re:INCARNATION

https://www.youtube.com/watch?v=iI0ddTiXzpE

 

【Re:INCARNATION-TVオンエア予定】 

  • TV情報スケジュール 曲「Memories」/ Re:INCARNATION 

福島中央テレビ ・「二畳半レコード」:3月EDテーマ 

日本テレビ ・「バズリズム02」:3/5放送分 (MV紹介) 

BS日テレ ・「最新曲研究所」:4~6月の月~金曜放送(MVフル)

 

・各ライブ公演の詳細は、下記にてご確認下さい(随時情報更新!)

Re:INCARNATION公式ホームページ https://re-incarnation.com/

Re:INCARNATION 公式Twitter https://twitter.com/ReINCAR77012646 @ReINCAR77012646

Re:INCARNATION 

オフィシャルYouTube https://www.youtube.com/channel/UCDLaAfdfngqTa6pwggIepPA

 

<Re:INCARNATION Member>

のあ。(@noa_00x)

小川まみ(@0312mami_)

こんぽん夏穂(@konponkaho)

島崎棗(なつめ)(@mxmhu88)

百田乃々香(@ReINC_nonoka)

 

セットリスト

「Memories」

「REINCARNATION」

「Twinkle GIRL」

「JUST A HERO!!」

「信じてる-keep on going-」

 

Related Posts

TWITTER