Breaking News:

TOPICS

アクメ結成2周年ワンマンライブレポ

Off
アクメ_190507_0014

HALコーナー_190507_0006 HALコーナー_190507_0010 RIKITO(B)_190507_0008 CHISA(Vo)_190507_0004 CHISA・RIKITO_190507_0012 将吾(G)_190507_0003 HAL(Dr)_190507_0001 将吾(G)_190507_0005 RIKITO(B)_190507_0009 アクメ_190507_0013

アクメをキメるなら、やはりナマに限るということだろう。

“架空の世界の不良少年”というテーマをコンセプトとして掲げ、2017年6月から始動した彼らが

このたび代官山・UNITにて開催したのは2nd Anniversary ONE-MAN LIVE[PKPKの1年生]だ。

 

いわゆる性的絶頂の意味合いのみならず、本来的には進化の頂点を意味するこのバンド名を自らに冠した彼らが、

この夜ステージ上でこれでもかと見せつけ、音として我々に思い切り叩きつけてきたのは、

それこそこの2年の間にいちロックバンドとして進化してきた過程そのもの、だったような気がする。

ちなみに、当日であった5月5日は言わずと知れたこどもの日でもあり、

“架空の世界の不良少年”たちが好き放題に暴れ倒すにはまさに絶好の日取りにほかならなかった。

 

キーンコーンカーンコーン!と放課後を告げるチャイムの音がまず最初に会場内にて鳴り響くと、

幕を開けた舞台上にいたのはそれぞれに掃除道具を手にしたアクメのメンバーと教師役の俳優・サトウヒカル氏で、

ここで始まったのは学園ドラマ風の寸劇。昨年の1周年記念公演でも上演されたというこの物語の中では、

その素行の悪さから留年をしてしまった不良少年たちが今回のライブタイトル通り、

今年もまた[PKPKの1年生]として軽音楽部に所属している様子を描くもので、

ここから始まるライブは部活紹介にあたるということが観衆へとインフォメーションされることに。

 

かくして、今宵の部活紹介はそのモノモノシイ曲タイトルとは裏腹に、

ハイパーキャッチーな旋律と爆発力に満ちたバンドサウンドが融合して疾走する、

その名も「マグロ解体チェーンソー」から派手派手しくスタートし、

ここでは公式グッズである扇子を振りながらオーディエンスが一斉に横モッシュをしだす、

というダイナミックな光景が繰り広げられたのである。

「今日の俺らはね、見ての通り気合いが入ってます!

ここに至るまで、新しいシングル『放課後の飼育』をリリースしてから各地で主催ツアーをやってきまして、

ちょっとは一皮剥けて帰ってこられたんじゃないかと思うんですよ。

そして、今日くらいは俺もカッコつけてやろうかと思ってたんですけどね。

でもやっぱり、そうじゃなく楽しんじゃおうかな。だって、2周年だからさ。何時も通り、お互い楽しみましょう!!」

 

フロントマン・CHISAがそう告げたとおり、ここからのライブ前半戦では最前列近辺のファンだけでなく、

場内にいるほとんどの人々がアグレッシヴな曲にあわせて激しいヘドバンをみせることとなった「ROTTEN ORANGE」や、

曲の途中にドラマー・HALによる恒例のテレビショッピング的な物販宣伝がはさみ混まれた「RUN」などが

続々と打ち出されていったのだが、ここで特に注目すべきだったのは、

単にエンターテインメント性にあふれたステージングを実現している点だけではなく、

そもそもアクメはバンドとしての演奏力と表現力についても相当に高いポテンシャルを持っている、

というところでもあったのではなかろうか。

 

たとえば、つい先ほどまでは極めてバラエティ色の強いMCで観客を笑わせていたドラマー・HALが、

一転してシャッフルのリズムとジャジーなアプローチを交えながらもラウドに攻めた「激ヤミセレナーデ」といい。

これまたMCではボケ寄りのツッコミというゆるゆるな名人芸を発揮するベーシスト・RIKITOが、

5弦ベースを駆使しながら目の覚めるような激スラップを炸裂させた「激ヤマセルロイド」といい。

 

あるいは、CHISAがギターヴォーカルとしてのエモみ満載のパフォーマンスをみせた「ラストワンショー」や、

ギタリスト・将吾がヘヴィかつ超エッジィなプレイで聴衆を圧倒した「Barguest」にしても、

4人のメンバーがそれぞれに高い実力を持っていることはライブの場に臨すれば明白で、

とかくアクメというバンド名やコンセプチュアルな活動方針の方に話題が集まりがちなところはあるものの、

彼らの真髄がどこにあるのかと言えば、むしろライブバンドとしてナマで勝負した時の轟音ぶりや、

説得力のある頼もしい演奏ぶりであるという見方も充分に出来るはず。

 

しかし、それでも能あるアクメは爪を隠したがるところもあるようで。

記載上の時間軸は少し前後してしまうのだが、HALは先ほど記載した「激ヤマセルロイド」の後に

マニピュレーターのイシヤマ氏とふたりでミュージカル仕立ての歌唱を披露する、という謎の一幕でも大活躍をみせたりもした。

かと思えば、その後にはRIKITOがタッピングを筆頭とした数々のテクニックを盛り込んだベースソロを聴かせたのち、

そこにHALと将吾も加わってのグルーヴィなインストルメンタルを具現化させてもみせ、

とにかく彼らのヤりたいことをヤりたいだけ詰め込んだ今回のライブは、

ラーメンでいうところの全部盛り的なボリューム感を持っていたことになる。

(なお、本編後半には普通でいうドラムソロもあったという超絶ダメ押し加減ww)

 

そうした中、雅びやかな和メロが美しく響いた「絶唱謳歌」でシメくくった本編を受けてのアンコールでは、

CHISAが以下のような言葉をステージ上にて紡いだことも念のためここに付記しておきたい。

「(前略)アクメが始まったのは2017年でした。この2年、一緒にゼロからドロドロになりながらも

人の敷いたレールの上ではないところを進んできて、ここまで頑張ってきたことが今日につながったのかなと思うんですよ。

これからも何が待っているかはわからないし、困難なことがあるかもしれないですけど、

それでも前に進んでいけるんじゃないかと今こうして感じられるのは、みんなのおかげです。ありがとうございます!

これからも突き進んでいくので、皆が着いてきてくれたら嬉しいです。

最後に、この4人で初めて作った曲をやって今日の2nd Anniversary を終えたいと思います!!」

 

そう。ここで呈示されたのは2017年夏にファーストミニアルバムの表題曲として

アクメからの所信表明的メッセージを目一杯に詰め込み発表された「SENKOU」にほかならず、

〈覚悟しな爆音で登場〉というサビが高らかに歌い上げられるさまは、ひたすらに痛快で豪快でしかなかった。

 

来たる7月10日には5thシングル『モノノケレイクイエム』をリリースし、

夏と秋には補講ライブ(ミニワンマン)[学級崩壊-アクメの夏休み]を2公演と、将吾フェスなるイヴェント開催をするうえ、

10月からは全国13カ所をまわる全国ワンマンツアー[No.13]をも行うことが決まったアクメ。

いよいよ2ダブになって学年としては相変わらず1年生のままだとしても、

3年目に突入した“架空の世界の不良少年”たちの暴走はこれからも加速度をあげていくに違いない。

 

というわけで、最後にもあらためての結論をば。

アクメをキメるなら、やはりナマに限る。

以上!!!

 

 

カメラマン:Katherine Joyce、

ライター:杉江由紀

 

2019年5月5日(日) 代官山UNIT

2nd Anniversary ONE-MAN LIVE 「PKPKの1年生」

SETLIST

 

-SE-

  1. マグロ解体チェーンソー
  2. Trick×Trap
  3. MONSTER
  4. ADVENTURE TIME
  5. ROTTEN ORANGE
  6. RUN with 物販紹介
  7. 激ヤミセレナーデ
  8. 激ヤマセルロイド

-ミュージカル〜邪魔するで!-

-セッション-

  1. ラストワンショー
  2. Barguest
  3. CALL MY NAME
  4. アナザーワールド
  5. 放課後の飼育
  6. Paradox

-ドラムソロ-

  1. 罵詈雑言
  2. ナマケモノ
  3. 絶唱謳歌

 

En1. MELODY(HAL Pf ver. )

En2. テバナシライダー

En3. SENKOU

 

 

 

≪アクメINFORMATION≫

 

<ライブ情報>

■アクメ セカンドワンマンツアー「No.13」

 

10月5日(土)   HEAVENS ROCK 宇都宮VJ-4

10月6日(日)   仙台BIRDLAND

10月12日(土)  滋賀U-STONE

10月13日(日)  神戸太陽と虎

10月20日(日)  西川口Hearts

10月22日(火祝) 新潟GOLDEN PIGS Black Stage

11月3日(日)   札幌ベッシーホール(CHISA & SHOGO)

11月4日(月祝) 札幌ベッシーホール

11月9日(土)   高松TOONICE

11月10日(日)  心斎橋 Pangea

11月21日(木)  名古屋 UPSET

11月23日(土)  熊本B.9 V3

11月24日(日)  福岡DRUM SON

12月1日(日)   渋谷 club asia

 

OPEN:17:00/START17:30(名古屋公演のみOPEN:18:00/START:18:30)

 

【チケット料金】ADV:¥4,000/DAY:¥4,500

※全会場特典付きCD即売(予約)有り 後日詳細解禁

 

【先行チケット(パスポートチケット・早割チケット)】

申込ページ http://www.getticket.jp/g?t=xwcddnu

※ディスクガレージオフィシャルサイトからはお申込みできません。

必ず上記申込ページURLよりアクセスして下さい。

※抽選エントリー期間 5月5日(日・祝) 23:00 〜 5月20日(月) 23:59

※当落発表予定日 5月22日(水) 夜

【チケット一般発売】 6月9日(日)10:00

【問い合わせ】 ディスクガレージ 050-5533-0888(平日12:00-19:00)

 

■将吾フェス 2019

9月4日(水) 渋谷 Milky way

【一部】15:00開場/15:30開演 【二部】19:00 開場/19:30開演

 

9月5日(木) 渋谷 Milky way

【一部】15:00開場/15:30開演 【二部】19:00 開場/19:30開演

 

【チケット料金】(全公演共通)

・パスポートチケット(全公演入場可・スタンディングS1番〜)¥18,000 (税込/D別)

・オフィシャルサイト先行(スタンディングA1番〜) ¥4,500 (税込/D別)

・一般販売前売 (スタンディングB番)¥4,500 (税込/D別)

・当日券 ¥5,000 (税込/D別)

【チケット販売スケジュール】

・パスポートチケット

抽選受けエントリー期間:5月25日(土)12:00〜 6月9日(日)23:59

・オフィシャルサイト先行(スタンディング-A1番)

抽選受け付けエントリー期間:6/15(土)12:00〜 6/23(日)23:59

・一般販売前売 (スタンディング-B番)

発売日:6月30日(日)10:00〜

 

【問い合わせ】 ディスクガレージ 050-5533-0888(平日12:00-19:00)

 

 

■補講ライブ「学艶崩壊・アクメの夏休み前編」

7月12日(金) 恵比寿 club aim

一部 トーク&ミニアコーステックライブ 開場15:00 開演15:30  ADV/DAY ¥2,500/\3,000(D別)

二部 ライブ 開場18:00 開演18:30  ADV/DAY ¥3,000/¥3,500(D別)

 

■補講ライブ「学艶崩壊・アクメの夏休み後編」

8月17日(日) 恵比寿 club aim

一部 トーク&ミニアコーステックライブ 開場15:00 開演15:30  ADV/DAY ¥2,500/\3,000(D別)

二部 ライブ 開場18:00 開演18:30  ADV/DAY ¥3,000/¥3,500(D別)

 

【チケット一般発売】 6月23日(日)10:00

 

 

<リリース情報>

■NEW SINLE「モノノケレクイエム」 7月10日発売決定。

 

■SINGLE「放課後の飼育」NOW ON SALE

【TYPE-A】DCCNM-018/\1000(+tax)  【TYPE-B】DCCNM-019/\1500(+tax)

放課後の飼育 MVフル https://youtu.be/FWdO69B7ks8

 

■LIVE DVD 「アクメ 1st ONE-MAN TOUR 絶唱謳歌 FINAL at 渋谷CLUB QUATTRO」発売中

DCBNM-001 ¥5500( +tax)

 

 

アクメ オフィシャルサイト http://acme-official.com/

オフィシャルツイッター https://twitter.com/ACMEOFFICIALJP

オフィシャルインスタグラム https://www.instagram.com/acmeofficialjp/

オフィシャルYouTube   https://www.youtube.com/c/acmejapan

Related Posts

TWITTER