TOPICS

DEZERT、ワンマンライヴシリーズ「study#6」ライヴレポ 

Off
DEZERT

千秋(Vo)Miyako(G)Sacchan(B)SORA(Dr)

学び、闘い、そして希求する。今ここに来てのDEZERTがみせている姿勢は、まさにそれなのではなかろうか。

昨年に続いて今年も開催されたライヴシリーズ[「study 」]は、

渋谷Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREを拠点としながら、

DEZERTが1ヶ月の間に集中的なワンマンを行っていくもので、

このたびは[「study ♯5」]から[「study ♯8」]まで続いていく4公演

(つまり、昨年は[「study ♯1」から[「study ♯4」]までが実施されたことになる])のうち、

実質的には今年2本目のワンマンとなる[「study ♯6」]へと足を運んでみた。

 

普段はZepp東京など、オールスタンディング形式の各地ライヴハウスにおいてパフォーマンスをすることが多い彼らにとって、

そもそもこの会場は全席指定のいわゆるホール仕様になっているところがまずはイレギュラーなところであり、

公演ごとにアコースティックスタイルなどの実験的要素や異なる手法がとられるのも

この[「study 」]を語るうえでは見逃せない点となる。

かくして。今宵はいかなるDEZERTの姿を拝めるのかと臨んでみれば…通常なら開演時に鳴り響くはずのSEは流されないまま、

ただひたすらに緊張感と静寂が漂う中、彼ら4人はおもむろに昨夏発表されたアルバム『TODAY』の表題曲「TODAY」を、

いきなり聴衆へ向かって核心を突きつけるかのごとく奏で歌い始めることに。

年明けには先輩バンド・MUCCとの対バンツアー【MUCC/DEZERT[Is This The “FACT”?]TOUR 2019】で

熾烈な連戦を繰り広げてきただけあって、ライヴバンドとしての持ち味がますます濃厚になって来ているせいか、

ここでの彼らはフロントマン・千秋の説得力全開のヴォーカリゼイションといい、

SORAの力強くエモーショナルなドラミングといい、Sacchanの巧みの技が冴えるフィンガリング5弦ベースといい、

Miyakoのセンスフルかつ鮮やかなギターワークといい、

全ての要素が渾然一体となり聴き手を深く呑み込んでゆくことになったのは言うまでもない。

 

また、2曲目では昨年末あたりからライヴで演奏をするようになった「新曲」をここでも披露したほか、

全席指定制にも関わらず場内がスタンディング会場かのように激しく横モッシュで揺れた鉄板曲「大塚ヘッドロック」では、

DEZERTの一面として絶対に不可欠なアグレッシヴで鋭いサウンドが場内を一気に大席巻。

それでいて、6曲目の「「遭難」」ではベーシスト・Sacchanが傍らにセッティングされたキーボードを用いることで、

ピアノヴァージョンとして演奏してみせる一幕があり、ここではDEZERTの持つ

“なにしろ根源的な部分で良質な音楽を追求している”ところが、わかりやすく提示されていたように感じられたのだった。

なお、これに次いでこの夜のライヴ中盤ではシニカルで毒気たっぷりな内容でありながら

どこまでもドキュメント性の高い「さぁミルクを飲みましょう。」と、

DEZERTが十八番とするセンセーショナルな論法をもってヒトの奥底に横たわる赤裸々な欲望を暴き出す「脳姦少年」2曲が、

やや久しぶりでオーディエンスに供されたことも特筆すべき部分だったと言えるはず。

 

と同時に、こうしたエグいことを躊躇なく抉り出して見せるのもDEZERTのひとつの特色ではある反面、

旋律と歌詞と音像のどれもにみずみずしい青春の幻影が映しだされる 「オレンジの詩」では、

タイトルどおりの甘酸っぱさも堂々と放ってみせるあたり、やはりこのバンドは一筋縄ではいかない。

 

しかも、彼らは別に多軸性のバンドであるというわけでもないのだ。むしろ、軸は1本でそこにブレは一切なく

DEZERTはただ純粋に、今その瞬間の自分たち自身に対して真摯でいたいバンドなのではないか、と筆者は感じている。

思えば、この[「study 」]というライヴのタイトルともつながる楽曲「「教育」」には、

以下の一節が既に4〜5年前に発売されたあの時点で織り込まれていたではないか。

〈「未来」よりも「今」を叫ばせて〉と。それは、のちに彼らが「TODAY」という名曲を生み出したこととも当然のように

1本の軸で連動していると考えられる。 「じゃあ、最後に1曲。また“study”しましょう」

 

ちなみに、いつもであればライヴの中にメッセージ性の強いMCをそこそこの長尺ですることも多い千秋。

しかし、この夜の彼が客に対して投げ掛けた直接的な言葉は随分と少なかった。

きっと、言葉よりも音楽そのものにまずはアドバンテージを持たせるという試みを、ここでの彼はしていたのだろう。

それだけに、最後に「オーディナリー」を歌いだす前に彼が発したこの一言は、

 

ここからさらに[「study ♯8」]まで今回のライヴシリーズが続いていくことを意味するだけではなく、

DEZERTとDEZERTを支持し集う人々にとってこの学びが、いかに肝要なものであるかを物語っていたように思うのだ。

来たる4月3日には『TODAY』以降初の音源となるシングル『血液がない!/Call of Rescue』を発表し、

その後には4月から6月にかけ全国ホールツアー[血液がない!]が行われることも決定した今、

それを目前にしたDEZERTが[「study 」]の中でここからどれだけのことを学び、時には自らの葛藤と闘いながら、

よりバンドとして希求していくことになるものとは何なのか。

ここはぜひとも、飽くなき向上心をもって学習と習得を続けているDEZERTのリアルタイムな動向を、

皆さまにもご自身の眼と耳と心と頭をフル稼働したうえで、しかとご確認いただきたい。

 

ライター:杉江由紀

 

2019.02.13「study」#6

Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE

 

SETLIST

 

1.TODAY

2.新曲

3.「軽蔑」

4.大塚ヘッドロック

5.infection

6.「遭難」

7.さぁミルクを飲みましょう。

8.「擬死」

9.脳姦少年

10.オレンジの詩

11.「教育」

12.doze.

13.「切断」

14.「ピクトグラムさん。」

15.オーディナリー

 

 

[Release]

■自身初、両A面シングル「血液がない! / Call of Rescue」 4月3日(水) Release!

・血液盤(初回限定生産) ¥2,000+tax  DCCL-229

【CD 】1.血液がない! 2. Call of Rescue 3. Stranger

【DVD】DVD 2019 01.30に行われた恵比寿LIQUIDROOM公演のLIVE映像(4曲収録予定)

【初回特典】DEZERT 2019 TOUR “血液がない!”ツアー案内状封入

DEZERT  “血液がない!”リリース記念プレミアムLIVE優先先行お申し込み券封入

・レスキュー盤(初回限定生産) ¥2,000+tax  DCCL-231

【CD 】1.血液がない! 2. Call of Rescue 3. Stranger

【DVD】Call of Rescue MV + 血液がない MV +おまけ映像

【初回特典】DEZERT 2019 TOUR “血液がない!”ツアー案内状封入

DEZERT  “血液がない!”リリース記念プレミアムLIVE優先先行お申し込み券封入

・通常盤 ¥1200+tax  DCCL-233

【CD 】1.血液がない! 2. Call of Rescue 3. Stranger

※音源は3形態とも共通

 

[Live]

■DEZERT 2019 TOUR “血液がない!”

4月19日(金) 日本橋三井ホール

5月3日(金祝) 札幌サンプラザ

5月6日(月祝) 新潟市音楽文化会館

5月8日(水) 仙台銀行ホール イズミティ21(小ホール)

5月10日(金) 名古屋市芸術創造センター

5月11日(土) 大阪エル・シアター

6月1日(土) 岡山 さん太ホール

6月2日(日) 福岡 都久志会館

6月22日(土) 日本橋三井ホール

【チケット料金】 全席指定 前売:¥5,000(tax in)

【チケット】各プレイガイドにて先行予約受付中!

イープラス:http://urx2.nu/PSb3

チケットぴあ:http://urx2.nu/PSaY

ローソンチケット:http://urx2.nu/PSb5

【一般発売】2月23日(土)

※未就学児入場不可・営利目的の転売禁止

 

■「ダブルラリアット2019」

出演:DEZERT / アルルカン

3月16日(土) 名古屋 ダイアモンドホール OPEN17:00 / START18:00

(問)サンデーフォークプロモーション052-320-9100(全日10:00~18:00)

3月17日(日) 大阪 umeda TRAD OPEN17:00 / START18:00 (問)キョードーインフォメーション 0570-200-888

3月28日(木) 東京 新宿BLAZE OPEN17:30 / START18:30  (問)HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999

【チケット料金】前売¥4,500(tax in) ※オールスタンディング・入場時ドリンク代別途必要

【チケット一般発売中】

イープラス http://urx2.nu/PSb3

チケットぴあ http://urx2.nu/PSaY

ローソンチケット http://urx2.nu/PSb5

※営利目的の転売禁止・未就学児童入場不可

 

[Subscription Service]

■現在、入手困難な音源を含む全楽曲をApple Music、Spotify、LINE MUSIC、Prime Musicなどで絶賛配信中!

 

 

Official HP  http://www.dezert.jp

Official YouTube https://www.youtube.com/channel/UCuDMtFChwldsecKgGQrWUeA

Instagram  https://www.instagram.com/dezert_official/

Twitter  https://twitter.com/DEZERT_OFFICIAL

Ameba blog  http://ameblo.jp/dezert-official/

Related Posts

TWITTER